読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタスティック・ビースト舞台インタビュー:エズラ・ミラー


"Fantastic Beasts" Set Visit Interview: Ezra Miller - MuggleNet

2016.12.2

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅では、謎の多いキャラクター・クリーデンスを演じたエズラ・ミラーが部屋に入ってくるときは、ブンブン飛び回るボールのようにエネルギッシュだった。23歳のミラーはまさにハリー・ポッター世代で、他の誰でもそうなるようにまさに有頂天といった様子で、彼自信の幸運を信じられないでいるようだった。彼の熱意と活気に溢れた笑顔が電撃のように部屋を満たす。ワーナーブラザーズによりクリーデンスに関する情報が守られている間は、彼は誰よりもそのキャラクターについて話せることは少ないだろう。彼の存在が得られることのすべてであり、どれだけ面白いものになるか思い起こさせてくれる。ハリー・ポッターは帰ってくる、しかし私たちが知っているこれまでのローリングの世界にではなく、まだ見ぬ新しい形の魔法がかけられるのだ。

 

我々がこれまでに得た初期のクリーデンスの人物紹介によれば、彼は猛烈な魔法使い排斥活動家メアリー・ルーの「苦しみを抱えた養子」であるという。彼自信が魔法使いだというのは、人気のファン理論だ。彼の母親によって引き起こされた逃げ場のない状況で、クリーデンスは自信に魔法をかけ、魔法の力を抑制せざるを得なかった。またファンの中には、クリーデンスは成長し、このシリーズの '敵' になっていくのではないかと予測る者もいる___もしそうだったとしても、エズラ・ミラーは何も語ってくれないだろうが。

 

記者:あなたはキャストのなかでも若い方で、あなたの演じるキャラクターも比較的若いよね。つまりこの役に母親はいる…そうなの?

 

エズラ:今現在、もしくは過去に僕のキャラクターに母親がいてもいなくても、僕は肯定も否定もできないよ。

 

記者:なるほど、これまでのハリー・ポッター映画で出てきたような他のハリー・ポッターのキャラクターと同世代を演じるにあたって、何かプレッシャーはあった?

 

エズラ:J.K.ローリングかその作品に最も大きく影響を受けてた人たちと同世代のキャラクターを描くというのは本当に素晴らしいことだと思うんだ。それは彼女の役割における素晴らしい一歩だと思うよ。そしてそのことが僕を映画のなかに引き入れてくれた訳だから、幸せだよ。これが答えかな。

 

記者:エディ・レッドメインコリン・ファレルと一緒にあたらいたことについてはどうだった?

 

エズラ:すごく幸運で、すごく特別なことだよ。本当にすごい。彼らの仕事は二人とも心から尊敬しているよ。彼らは二人とも素晴らしい、素晴らしい俳優だと思うし、それによって得られるものも多いんだ。僕は、そのスポーツをやったり観たりしなくても、よく例えに使ったりするんだ。それで言うと、それはテニスの試合みたいなんだよ。テニスをするときににているんだけど、もしくは___前に聞いたことがあるんだけど凄く上手な人とテニスをすると、自分も上手になったようにかんじるって、これ本当?誰かここにテニスやったことある人いない?

 

記者:エディとコリン

 

エズラ:彼らか、そうだわ。彼らと仕事が出来て本当によかった。本当にすごいよ。彼らと仕事が出来てすごくよかった。特別だったよ。素晴らしい俳優たちと仕事ができたのは特別なことだよ。ファンタジーに彩られた世界に深くまで入り込んでいけるんだ。

 

記者:(ファンタスティック・ビーストを)初めて作っていくときのことを話してくれる?会談を重ねたり、あなたがこの世界に入って、知っていることが、多くの人たちにとってすでにどのような意味をもたらしているのか

 

エズラ:僕が無宗教だとして説明すると、僕がこの映画に出演していたと気付いたときは、膝から崩れ落ちて道の真ん中で祈りの言葉を叫びだしちゃったよ。ニューヨークやミッドタウンの真ん中で、冷たい隣人としてじゃなくてだよ(笑)

そう、どれだけ幸運で喜ばしく、幸福で感謝の気持ちになったかなんて(ため息)説明できないよ。子供の頃に夢中になった世界に飛び込めることは素晴らしいことだと思うんだ。つまり、誰しもがその機会を得るべきだよ。同じ方法にしろ、その中身を作り上げる側の人にしろね。もしくはそれぞれのイメージによるプライベートな空間 とかをね。僕は子供のときに見付けたものをメタファーにした世界を持ち続けられるのはすごく良いことだと思うし、僕の子供の頃のファンタジーの世界が世界が文字の中で生き続けるのはここでははっきりとは言えないけど、最高に素晴らしい方法で叶ったんだよ。

 

記者:J.K.ローリングとあなたのキャラクターについて細かく話す機会はあった?

 

エズラ:まだ彼女に会ってないんだ。彼女はまだ、僕にとってはカーテンの後ろに隠れた大魔法使いだよ。

 

記者:ハリー・ポッターシリーズと成長してきたと思うけど、何か個人的な話したい体験やお気に入りの瞬間はある?

 

エズラ:6冊の朗読ブックを聴きながら父さんと旅に出たときのことを覚えているよ。(少しの間と沈黙が流れ、深いため息をつく)そう、僕らは「謎のプリンス」を聴きながらキャンプをしていたんだ。たしか、キャンプ場に雨が降ってきて、僕たちは夜中に目を覚ました目を覚ました。かなり強い雨だったから、僕らはキャンプを中止して、またドライブに出かけたんだよ。そして、本の残りの部分を聴いた。

僕は本を何度も読んでいたし、オーディオブックも何度も聴いていたけど父は違かったんだ。僕らは二人とも泣いて泣いて泣いて泣いて、はっきり覚えてるよ。ちょうどダンブルドアの不幸な過去のところだった。父親と息子一緒に、はっきりと明確な父性関係があって、美しいものだった。重い時間が流れた。とても多くの。つまり、数えられないんだ、考えていたものを突然突然引っ張り出すみたいに、この地球上の多くの人たちと共有したいものは、このフィクションと関係ある幼少期の出来事はたくさんあるんだよ。

 

記者:あなたがハリー・ポッターの世界の一部になれたことで最も興奮したもので、これといったものはある?

 

エズラ:あるよ。魔法さ。うーん、正直、オタクとしても俳優としても最も興味深かったのは、この世界の魔法が物理や、感情や、そしてまさに人のもつ力強さと境目の無いように組み合わされて出来ているという点だよ。

それは僕には(専門的すぎて)理解できないような方法で成り立っているんだげけど、本物の人間の手足のように広がって僕たちに実際に魔法が降りかかる世界で働くなんて胸がいっぱいだよ。表現者としても、読者や観客としてもね。僕たちは魔法は現実だと思いたいのと、感情や愛や、他の人に良いことをしようとする能力_____そして僕たちの存在を船を通して理解するんだ。そして思うに、J.K.ローリングはこの超自然的な彼女の作品を深く自然な要素と結びつけていて、それが僕にとって最も興奮するものだと思う。

 

記者:この映画や他の作品もだと思うけど、それらがアクションフィギュアになっておもちゃ屋の棚に並んでいるのを見るのはどう?

 

エズラ:うーん、たぶん...かなり変な感じじゃないかな。僕のアクションフィギュア(ができること)にはかなりかなり興奮してる。全部揃えて一番豪華なコレクションにしたい。着せ替え用のスーツや、もしかしたら何種類か小さい手、付け替え用のプラスチックの手もあるかも。これってかなり変だよね。けどお手上げだね。クリーデンスとフラッシュで戦わせてみたい(笑)

そう、こういう感じなんだけど...つまり部屋に入れば自分の周りに千を超えるカメラが並んでいて、それで写真を撮られ、骨格を調べられ、身体の型まで取られたりするんだけど、僕を越えてるよね(笑)正に僕の頭の向こうの方法なんだ。けどこれらの過程はそれぞれすごく面白いし、そんな経験から手にはいるだけ沢山のアクションフィギュアを手に入れてやるっておもってる。僕のアクションフィギュアだけじゃなくて、もちろんそんな作られ方したんだからクールなんだけど、僕が参加できた両方の世界の一般的なアクションフィギュアもいいな。

 

記者:デイヴィッド(・イエーツ、ディレクター)は、カットなしの長回しを多くいれるのが好きだと言っていたけれど、デイヴィッドの下でそういう撮影形式を経験するのはどうだった?

 

エズラ:ディレクターによって、そういう過程に注意することはすごく良かった。彼はいつでも俳優のためのディレクターなんだ。彼は俳優が望んでいるものを本能の深いところで理解しているんだ、つまり、あなたのあげてくれた例えがいいと思うんだけど、彼がそういう方法で多くのシーンを撮ることでテイクとテイクの間にある時間でとぎれることなく、俳優はその場面のもつリアリティーに浸れるんだ。彼は本当に素晴らしく、冷静で、注目の人間だよ。

こんなに大量の映画の演出を手掛ける完璧な状態のひとは他にいないよ。そこらを叫んだり走り回ったりするディレクターっているだろ?でも彼はとても落ち着いていて知性があり、1つのシーンの小さいけど壮大な詳細のために多くの時間と余地を作り出すんだ。たとえそれが大きな緑のカーテンの一部として、クレーン車に何台もの車が動かされているときでもね。本物の1920年代の車を使おうとしたんだけど、燃費がすごく悪くて、カリフォルニアの排気ガスの基準をクリアできなかったんだ。

デイヴィッドは最高で、最高の人間なんだ。心から尊敬してる。彼にすごく気に掛けてもらえてるって思えるし、大胆な選択や変わったことに挑戦しても大丈夫だって思えるんだ。彼を信じているし、彼に見えているものも信じているからさ。彼がどうやって4000ものことを同時に行って、禅僧みたいに振る舞ってるのかなんてわかんないし。この事については彼と一度話し合って明らかにしてみたいと思ってたんだ。でも、うん、きっといいものになると思うよ。もっと他のディレクターも落ち着いて冷静になった方がいいと思うよ。

 

記者:あなたはいままで、挫折や心にトラウマを抱えたようなキャラクターをいくつか演じてきていると思うけど、彼らにはどこか通じるところがあると思うの。それらの影響や、どのようにして彼らの中に入っていったのか、また、過去の作品からどう影響を受けているのかなどについて話してくれる?

 

エズラ:そうだね、たくさんいろんなことに挑戦してみようとか、興味のあるものに挑戦してみようっていつも思うようにしているんだ。とてもシンプルなことだよ。それらのキャラクターが挫折を味わったのかは肯定も否定もできないけど、そう言ってくれたのは嬉しいし、また新しい方向への探求をする事への喜びを見付けられた気がするよ。

 

[クリーデンスのキャラクターについてはいまだ多く謎に包まれたままだが、彼自身についてよくしる機会が持てたと思う。あとは11月を待つのみである]

「コードネームU.N.C.L.E」の続編制作に着手か| Collider


Man from UNCLE 2 Is Being Written, Reveals Armie Hammer | Collider

2017.4.17  

by Adom Chittwood

恐らく

ここ数年で最も過小評価されている映画のひとつにガイ・リッチー監督によるセクシー・スパイ・スリラー「コードネームU.N.C.L.E」(The man from U.N.C.L.E)が挙がるだろう。この映画で3人の粋なスパイに扮するのは、アーミー・ハマーヘンリー・カヴィルアリシア・ヴィキャンデルだ。リッチー監督は60年代のスパイものの特有の軽快なアクションやセクシーさ、コメディな要素を保ちながらカヴィル、ハマー、ヴィキャンデルの絶大な化学反応を巻き起こした。しかし残念ながらファン・プレミアやスター・パワーでは、数字の上で観客の支持を得ることはできなかった。恐らく、もうひとつのスパイコメディ映画「SPY」を恐れたためだろう、ワーナーブラザーズずはこの映画の公開を8月に動かした。しかし更なるセクシー・スパイ・スリラー「ミッション・イン・ポッシブル:ローグネイション」の公開から数週間で打ち切られてしまう。なので観客もこの分野での2作目をそう熱心には望んでいないのかもしれない。

 

そうは言っても、コードネームU.N.C.L.Eの続編は作られるだろう、というのも、Colliderのオーナー、スティーヴ・ワインターブが、新作映画「フリーファイアー」の宣伝でアーミー・ハマーと会談を設けた時、彼はコードネームU.N.C.L.E 2の制作の可能性について聞いてみた。驚くことにハマーは、続編の台本の制作はもう始まっているかもしれないと答えたのだ。

 

先日コードネームU.N.C.L.Eでプロデューサー兼ガイ(・リッチー)と共同制作者だったライオネル・ウィグラムと話をしたんだ。僕は「おい、もし台本を書き始めないつもりなら、お前の家にいって家中の車のタイヤを切りつけるからな。神に誓って、だ!」こんなことを言ったんだ。そしたら彼は、「本気か?くそっそんなこと言われたらやらなきゃいけないじゃないか」っていうから、僕は「やった、神よ!書けよ!まだやってないなら終わりだぞ!書き始めろよ!」って。

 

ワーナーブラザーズからコードネームU.N.C.L.E 2についての正式な発表はまだないが、7500万ドルの予算報告に対して1兆980万ドルの興業収入をあげた事実は、スタジオの立場からするといくらかの後押しになるだろう。しかしウィグラムが製作に前向きである事実でじゅうぶんな気もする。この映画はラストでハマー、カヴィル、ヴィキャンデルの三人組にヒューグランドが彼らのボスとして加わり、更なる物語の兆しを見せて終わる。これらのキャラクターが新たな嵐を巻き起こす様が目に浮かぶ。

 

コードネームU.N.C.L.Eは実現するだろうか、それはまだ不確実だ。ウィグラムは現在「キング・アーサー : 聖剣無双」の脚本・制作が控えている。しかしこれら二つはスタジオに良い恩恵をもたらすだろう。リッチーはミュージカルの最高峰、ディズニーの実写映画「アラジン」の製作準備の真っ最中である。

もしこの映画が十分な成功を納めたら、リッチーはワーナーブラザーズにアンクル2製作に青信号を出させることができるだろう。

 

ひとつ確実なことは、もしコードネームU.N.C.L.E続編が決定したら、我々はハマーによるウィグラムの財産への脅迫に感謝しなければならない。

 

※冒頭に張った記事の原文へのリンクから、この時のアーミー・ハマーのインタビューの動画が見れます。

コリーン・アトウッドがコリン・ファレルの衣装に神秘的な美しさをもたらす


The ‘touch of glamour' in Colin Farrell's costume - Pottermore

2016.7.20

彼が魔法使いになるとき、彼は当然魔法界で最も魅惑的な魔法界になるだろう

 

きっと君たちもファンタスティック・ビーストの予告を見る度にコリン・ファレルを見つめていることだろう。壁全体が不自然に吹き飛んで通りに剥き出しになった部屋にグレイブスが立っている。我々は、君たちがそれが魔法生物の仕業だと決めつけていても、それを非難はできないし、言えることは何もない。

 

グレイブスは、どこか畏怖の念を起こさせるような佇まいのキャラクターで、彼はニュート・スキャマンダーと彼の育てる生き物たちを追跡する役割に就く。もしあなたが魔法界のファッションに敏感なら、もしかしたら既にオスカー受賞者の衣装デザイナー、コリーン・アトウッドにデザインされたグレイブスの気高いモノクロのコートに目を付けていることだろう。

 

コリーンが初めてこのキャラクターに出会ったとき、彼はまだ俳優に演じられる前の、J.K.ローリングの台本の中の文字の段階だった。今はもう発表され、その俳優は彼女の理想通りのコリン・ファレルに決まったことは、もう皆さんのご存じの通りである。

 

「コリンに決まったと聞いたとき、とても興奮したの、彼は全てに於いて完璧だったから。」彼女は我々にこう語ってくれた。我々は彼女の事務所で取材を行っていた。そしてここには、彼女が採寸して仕立てた、ファレルがグレイブスを演じるときに着ていた衣装が、ほんの目と鼻の先にある。私の血圧は大丈夫、心配してくれてありがとう。

 

「グレイブスは最高の魔法使いだから、レベル20の品格漂うような美しさにしたかった。そのために、コートを少し長めにして、肩は強調するように少し大きめにしてみたの。そしてカシミアを贅沢に使うことで、動いたときに光沢を持つようにしたの。」彼女は語る。

 

「ルレックス(※)という素材を少し混ぜたの、それで夜の光をとらえ、濡れている様に見えるのだけど、それがあることで他のものから一際際立つようになるの。それが私が彼のキャラクターで目指したものなの。そして彼の白と黒の境をより目立たせることで、彼は特別な存在になった。」

 

コリーンはこのようにグレイブスについて語った。そして私は彼が彼女のお気に入りのキャラクターなのだと悟った。とても公平な仕事ぶりだと思う。素直に言うと、私はニュート・スキャマンダーのピーコックブルーのコートとパーシバル・グレイブスのモノクロのコート、どちらが良いかなんて決めるなんてできない。ニュートのコートは普段の時に、グレイブスのコートはあなたに危険が迫っているような気分の時に向いているだろう。

 

※ルレックスとは、キラキラとした金属の様な光沢のある糸で織られた生地で、ゆらめくような光沢を放つ。格式高く、気紛れで、まるで魔法のようなアシカの毛皮のようだ。

こういったルレックスちは何かといったような粋なものも、あなた達と共有しなければ、心のそこから学べてたとは学べてたとはいえないと思う。そして今、それが果たされたと思う。

ニュートの兄がファンタスティック・ビーストの続編に登場する


Newt Scamander’s older brother to appear in Fantastic Beasts sequel - Pottermore

 

2017.4.21

ファンタスティック・ビースト続編について、誰もが注目していた噂は、ロンドン出身の俳優がニュートの兄を演じる方向で固まりそうだ。

 

どうやらテセウス・スキャマンダーがファンタスティック・ビーストの次回作でとうとう姿を見せるようだ。

 

その役のキャスティングは現在進行中だが、発表によると、カラム・ターナー(Callum Turner)がそのキャラクターを演じるようだ。

 

ところで、我々はニュートの兄について何を知ることができるだろうか?

 

映画の1作目では、戦争の英雄と紹介された。国際魔法使い連盟会議でも 'スキャマンダー' の名前は認識されており、彼の評判は彼に先立っているようだ。

彼は魔法省に勤めているようだが、まだまだ知らないことが多い。だが、彼を演じようとしている俳優については知ることができる。

 

カラム・ターナーの経歴は、TV、映画、舞台と広く、また何度かハリー・ポッター俳優や作家とも仕事をしている。「グリーン・ルーム」の俳優は、エディ・レッドメインとの共通点が多い。

 

ターナーハリー・ポッター俳優、ヘレン・マッコニーとイギリスTVシリーズ「リーピング」で共演し、ドラマ「グルー」のエピソード4では重要人物を演じたが、そのシリーズの脚本家は「ハリー・ポッターと呪いの子」を手掛けたジャック・ソーンだ。彼は「ヴィクター・フランケンシュタイン」(2015

)でダニエル・ラドクリフと共演し、BBCの歴史ドラマ「戦争と平和」ではアナトーリ・クラーギンを演じた。

 

先週には、ジュード・ロウがアルバス・ダンブルドアをファンタスティック・ビースト次回作で演じることが決まっている。

 

この2作目では、ダンブルドアホグワーツの校長に就任する前の時代について描かれる。この時期のダンブルドアは、

魔法学校で変身術の教授をしており、ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅で登場した闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルトと旧友である。

 

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅はJ.K.ローリングの脚本家としてのデビュー作であり、またハリー・ポッターホグワーツでの冒険の以前を描く、魔法界の新たな時代の幕開けでもある。著者は続編でも脚本を続投する予定で、物語は魔法界で闇の力が強まっていく時代へさらに深く切り込んでいく。

 

5部作の展開が予定され、続編ではデイヴィッド・イェーツがディレクターに復帰する。ファンタスティック・ビーストの2作目は2018年11月16日に公開予定で!この夏に撮影が開始される。

 

コリンファレルによるファンタスティック・ビーストの非情な見解


Colin Farrell Has A Very Morbid Fantastic Beasts Theory - MTV

 

この俳優は  'ファンタスティック・ビースト'  に帰ってくるのか?MTVニュースにこのように語った。

 

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅のクライマックスでは、有能なMACUSAの闇払いパーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)の正体は、指名手配になっているヨーロッパで最も邪悪な魔法使いゲラート・グリンデルバルトがニューヨークを歩きまわるために、映画の時間ずっと成りすましていた姿だったことが明らかにされる。恐らく、映画の中でグリンデルバルトはグレイブスの姿に変身するためにポリジュース薬を使用していたとみられる。しかし、このことは本物のグレイブスに対してどの様な意味を持つのだろうか?

 

リジュース薬を使って姿を変える場合、本人が生きている必要があるため、彼がどこかで生きていることは確かだ。では、彼はどこにいるのか?そしてさらに重要なことは、その事がコリンファレルのこの先にファンタスティック・ビーストの出演にどういう意味を持つのか?言うまでもないが、我々MTVニュースは、先週水曜日(3月29日)に行われたシネコンのフォーカスフューチャーカーペットで、ファレルに多くの質問をした。

 

残念なことに、このアイルランド出身の俳優は、我々の甘い夢を意図も簡単に打ち砕いてしまった、というのも、MTVのジョシュ・フォロウィッツの質問の回答によれば、今のところ、J.K.ローリングの魔法の世界にグレイブスが帰ってくる予定はないのだという。「いつでも、そこ(台本)に書いてあることが全てだよ。」彼は言う。

 

ファレルは、本物のグレイブスがどこに隠されているのか知らされていないそうだが、彼の悲しい見解はこうだ

「彼は浅い墓に埋められていて、たぶん、この映画の終わった17時間後に餓死するんだ」

なんてことだ。暗すぎる、けれどこれは処刑場で主人公に死を宣告するような映画だから…そう、うん。この映画において暗すぎるなんてことはないのかもしれない。

 

とにかく、ファンタスティック・ビーストの取材を、我々の取材中にゲイリー・オールドマンと初対面し涙を流すファレルを見てほしい。とても魅力的だ。

'ファンタスティック・ビースト':グレイブスとクリーデンスを演じたコリンファレルとエズラ・ミラー


'Fantastic Beasts': Colin Farrell and Ezra Miller on Graves & Credence - The-Leaky-Cauldron.org « The-Leaky-Cauldron.org

 

'ファンタスティック・ビースト':グレイブスとクリーデンスを演じたコリン・ファレルエズラ・ミラー

ファンタスティック・ビーストの役者達がそれぞれの俳優の仕事をこなしながら次の映画の撮影開始を待つこの時期に、先日行われた我々のインタビューの中で、エズラ・ミラーコリン・ファレルはそれぞれの演じたクリーデンス・ベアボーンとパーシバル・グレイブスについて語った。

 

エズラ・ミラージャスティスリーグのフラッシュ役(CWテレビのドラマ版ではグランド・ジャスティンが演た)の撮影で多忙にしている。彼はGTマガジンとのインタビューの中で、彼のキャラクターの残酷な生い立ちやその背後にある彼の個人的な意気をあかしながら、彼がどの様にしてクリーデンスという役に入っていったのかを語ってくれた。

 

「僕は少し変わった興味を持つ少年として、いじめやからかいにあったんだ。僕は子供の頃吃音症だったんだ、それはいじめの格好の的になったんだけど、それはその瞬間僕がクィレル(ハリー・ポッターの登場人物)だったからなんだ。」

 

「そして思春期になる頃には人にキスしたいって思って戸惑うこともあって(笑う)、そう、それで、同級生や親戚から除け者にされたように感じてしまう時があったんだ。」

 

さらにエズラは語ってくれた。「そういう時は本当に傷つくんだけど、同時に形成される時でもあるんだ、なぜかっていうと、僕らは彼らに社会の外に追い出されるけど、新鮮な目線で世界を見るようになるんだ。僕はこれらが多くの素晴らしい人々が世界自由で迫害されたり公民権を奪われたりする原因だとおもってる。」

 

 

コリン・ファレルは、今週行われたシネコンでファンタスティック・ビーストの事件が起こっている間、彼(グレイブス)がどこにいたのかについて彼の考えを語った。

 

「多分彼は浅い墓に埋められていて、映画の終わった17時間後に餓死するんじゃないかな。」

 

 

レイフ・ファインズは、ハリー・ポッター・リールの先日行われた会談イベントに参加した。そこで彼の演じるヴォルデモートの役どころと死の秘宝での彼の不気味な笑い方について、その場のメンバーだった哲学者スラヴォイ・ジジュクに尋ねられたときにこう答えた。

 

「具体的には、そのシーンがどの様なものだったのか、なぜそうしたのかは思い出せないんだ」

 

「悪役として、それはあまり良い方法ではないんだけどね」などと冗談を交えながら、

ハリー・ポッターを打ち負かしたい、彼は本当に忌々しい存在で、彼がいなくなることで世界がより良いものになると、ただそう思ったんだ。」

 

我々は次回作ではエズラのこれまで以上に様々な面に、そしてもし運が良ければコリンにも、また会えることだろう。

 

ジュード・ロウがファンタスティック・ビーストの次回作でアルバス・ダンブルドア役に決定


Jude Law cast as Albus Dumbledore in next Fantastic Beasts film - Pottermore

 

ジュード・ロウがファンタスティック・ビーストの次回作でアルバス・ダンブルドア役に決定

2度のアカデミー賞候補者が、ダンブルドアホグワーツ魔法魔術学校の校長になる前の姿を演じる

 

アカデミー俳優のジュード・ロウがファンタスティック・ビーストの続編でアルバス・ダンブルドアを演じることが決定した。

 

ファンタスティック・ビーストの2作目では、ダンブルドアホグワーツ魔法魔術学校の校長に就任する以前の決断について明かされる。

 

この話のポイントは、彼が魔法魔術学校の変身術の教授であることと、我々がファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅で出会ったジョニー・デップ演じる闇の魔法使い、ゲラート・グリンデルバルトの友人であるということだ。

 

1作目では、ニュート・スキャマンダーが魔法生物による事故でホグワーツを退学になったことがあかされたときに、ダンブルドアの名前も登場した。彼の退学に反対したのが、ダンブルドアだったのだ。

 

ホグワーツ図書に加えられた改訂版「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のニューとによる前書きには「アルバス・ダンブルドアは私にとってただの学校の先生では言い表せない存在だった。」とある。しかしこれ以上本の内容について触れるのは魔法秘密維持国際法違反になってしまうので、この辺で。

 

舞台は、ダンブルドアがどの様な存在として知られていたのかについて触れ、ディレクターに復帰したデイヴィッド・イェーツは「ジュード・ロウは驚くほどの才能の持ち主で、彼の作品には以前から魅了されてきたし、いつか彼と仕事ができる機会がこないかと楽しみにしていたんだ。きっと彼はJ.K.ローリングが明かすアルバス・ダンブルドアのこれまでと全く違う、予期されなかった面を見せてくれるよ」と語った。

 

ジュード・ロウの俳優としての経歴は、TV、映画、舞台と被害者幅広く活動している。彼はこれまで2度のアカデミー賞、3度のゴールデングローブ賞、そして2度の英国アカデミー賞(BAFTA)候補にノミネートした。1999年公開のホラー映画「リプリー」では、英国英国アカデミー賞助演男優賞を受賞した。また、彼はこの他に3度のオリバー賞と2度のトニー賞にノミネートした。

 

ロウが初めて注目されるようになったのは、1997年公開の「オスカー・ワイルド」に出演してからだろう、彼は詩人のアルフレッド・ダグラス卿を演じ、主演のオスカー・ワイルド役ステファン・フライと共演した。

 

ロウは、これまでの経歴のなかで多くのハリー・ポッター俳優とも共演してきた。例えば、マーティン・スコセッシ監督の「ヒューゴの不思議な発明」では、ヘレン・マッコニー(ナルシッサ・ベストレンジ役)、フランシス・デ・ラ・トゥーラ(マダム・マキシム役)、リチャード・グリフィス(バーノン・ダーズリー役)らと共演している。彼は「グランド・ブダペスト・ホテル」にも出演し、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿役)とも共演した。

 

ロウは、ファンタスティック・ビースト内でダンブルドアと敵対する闇の魔法使いグリンデルバルトを演じるジョニー・デップとも共演している。ジュード・ロウジョニー・デップ、そしてファンタビ俳優コリン・ファレルは、テリーテリー・ギリアムズの「Dr.パルナサスの鏡」では、3人で一役を演じた。

 

ロウの最新作は、テレビドラマ「ザ・ヤング・ポープ」(HBO)だ。

 

J.K.ローリングは、彼女の脚本家としてのデビューをファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅で飾り、2作目も彼女が脚本を手掛ける。

 

この映画は魔法界に新しい時代を刻み、舞台はハリー・ポッターホグワーツでの冒険の前の時代を描いている。その続編では魔法界の闇の力が増し、ニュートや他の魔法使い達が忠誠の選択を迫られ、物語はより深いところへ進んでゆく。

 

5部作のシリーズとして計画され、ディレクターには、再びデイヴィッド・イェーツが帰ってくる。

 

ファンタスティック・ビーストの続編は2018年11月16日公開予定で、この夏に撮影が開始される。